スポーツ(ラグビー多め)雑記

好きなスポーツ(特にラグビー)について思う事

第14節サンウルブズVSチーターズ展望

第3節以来の対戦です。

残念ですが、同カンファレンスの最下位争い。

サンウルブズがBPを取って、相手にBPを与えずに勝つか、相手にBPを与えずに15点差を付けて勝てば順位が入れ替わります。

前回の試合はチーターズのホームで38-31。

トライ数は同じ4つでしたが7点差の敗戦。

サンウルブズは遠征の初戦で、チーターズは開幕からホームでの試合が続いてました。

 

今回は秩父宮での試合で、サンウルブズシンガポールからの戻りなのに対して、チーターズはニュージーランドでの2試合を終えての遠征3試合目。

シーズンも終盤ということもあり、開幕3試合目からは両チームともにメンバーはかなり代わってます。

前回も今回も先発出場するのはサンウルブズ4人、チーターズ6人。

という事で、前回のスタッツ等はあまり関係ないように思います。

 

サンウルブズは、相手がどうのこうのというよりも、自分たちの意図した試合ができるかどうかが勝負の分かれ目になると思います。

 

アタック面では早く大きく展開してバックスリーを自在に走らしたいでしょうし、キックを有効に使いたいところ(前の試合で不安要素となったキックチェイスは改善されてると願いつつ)です。

セットプレイに関しては、今季スクラムは安定してますが、ラインアウトは昨シーズン同様不安定なままです。

ラインアウトを安定してキープできるかどうかは、キックの使い方にも影響すると思うので、この精度は上げないといけません。

 

ディフェンス面だと、この試合に限らずラック周辺でいかに止められるか、ファーストタックルで仕留めきれるかだと思います。

特にオフロード数がチーターズは1位なので、これまで精度の低いタックルは重要だと思います。

 

サンウルブズは残り試合カンファレンス1位のライオンズ(アウェー)、ストーマーズ(アウェー)、最終戦はNZのブルーズ(ホーム)と続きます。

勝てる可能性はかなり低いでしょう。

今週のチーターズ戦でしっかり勝利して、この節だけになるかもしれないですが順位を上げたい、そして、たかだか1つだけですが、昨シーズンよりも勝利数を積み上げたいところです。